​外構工事ってどんな種類があるの?

 外構は大まかに分けて3種類に分けられます。

オープン外構・クローズド外構・セミクローズド外構の3種類となります。

もちろんお客様のお好みによって提案するスタイルは変わっていくのですが、郊外の住宅なのか、住宅街のなかにある住宅かなどによっても、お勧めの外構スタイルも変わっていきます。

 

1.オープン外構

 オープン外構とは、建物の周りに塀やフェンスなどの遮蔽物をあまり設置しない、もしくは設置した場合であっても低めの構造物とするタイプです。オープン外構自体は設置する構造物が他のパターンと比べ少ないため、工期や費用を抑えることが出来るのも魅力のひとつです。

 オープン外構にすると外部からの視線自体を遮ることはなかなか難しくはなりますが、居住者は閉塞的な印象を持たず開放的な雰囲気を味わえます。

一方でプライバシーを重視したい箇所は目隠しフェンスなどの設置をする必要があり、子供やペットの飛び出しなどにも十分に気を付けなくてはなりません。

 

2.クローズド外構

 クローズド外構は、建物の周囲に塀やフェンスを設置し、敷地の内と外を明確に区分けし周りからの視線を遮るようなタイプの外構となります。

外部から敷地内の様子を見ることが出来ず、防犯性とプライバシーをしっかりと保つことができます。一方では周囲からの視野が遮られてしまうため、狭い敷地の場合などは閉塞感が生まれてしままったり、道路など外からの視界が遮られることにより死角が生じてしまい、侵入者が一度侵入してしまうと外からは確認することが出来なくなるため、防犯性が仇になってしまう場合もあります。

 クローズド外構の場合は、なるべく死角や隠れる場所が出来ない様にセンサー付ライトなどの設置や防犯砂利を敷地内に敷くことで防犯性を上げることが可能です。

 

 

3.セミクローズド外構

 セミクローズド外構は、オープン外構とクローズド外構のふたつのメリットを併せ持つスタイルの外構となっており、玄関やアプローチ周りはオープンにするが中が直接は見えない様にシンボルツリーなどの植栽を使い目隠しの役割をさせ、上手く周囲からの視線を遮ったデザインや、目隠しフェンスを使って周囲の視線を遮るものの、部分的に開放的なデザインのアイテムを配置するなどで閉塞感をうまく無くすことが出来るスタイルとなっています。

セミクローズド外構を選ぶ場合は、オープン外構とクローズド外構のメリットがどっちつかずにならいように、プライバシーを重視する箇所と、開放感を重視する箇所を明確に分けることがポイントとなっています。